「特別の寄与の制度の創設」について

2019年7月1日(月)施行
Point
相続人以外の被相続人の親族が無償で被相続人の療養看護等を行った場合には、相続人 に対して金銭の請求をすることができるようになります。

改正によるメリット
① 遺留分減殺請求権の行使により共有関係が当然に生ずることを回避することができる。
② 遺贈や贈与の目的財産を受遺者等に与えたいという遺言者の意思を尊重することができる。